【りんご】
身体に良い果実として知られているりんごの栄養的特徴といえば、便秘解消効果やコレステロール値を下げる働きのあるペクチン、デトックス効果や肝臓の働きを助けると言われるカリウム抗発ガン作用や粘膜や皮膚の老化を抑制するポリフェノールを豊富に含んでいるそう。
また、酸味のもとであるりんご酸とクエン酸は、疲労回復、食欲増進、活性酸素の発言を防止するなど様々な効果が期待できる。
栄養価が高く、美容・健康、またダイエットにとても優れた働きを持つ果物である。
【ケール】
ケールは非常に栄養価が高く、ビタミン類やミネラル類などをバランスよく、かつ野菜の中ではどれも上位に入る量を含んでいる青汁の原料として有名な野菜。
睡眠の質を改善する働きがあるとされるメラトニン、整腸作用やコレステロール値を下げる働き、急激な血糖値の上昇を防ぐ働きが期待できる食物繊維、老化を抑制する効果があるといわれるビタミン類を多く含んだ野菜と言われています。
また、ビタミンEによるアンチエイジング効果や目の健康を促す効果、さらに、カルシウムが他の野菜と比べて多いため、歯と骨を丈夫にする効果があるといわれている。
【レッドビーツ ピーツ】
「飲む天然輸血」と言われ、リン、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、鉄、カルシウムなどミネラル類が豊富に含まれている。
ピーツの成分として注目されているのが「NO(エヌオー)」とよばれる脳卒中や心臓病の原因となる血栓ができないように予防する働きがあるとされる一酸化窒素。
筋肉増強効果や疲労回復、また全身の血流を良くする働きで、基礎代謝率も高まり、ダイエットの効果も期待できる。また、赤い色素のベタシアニンには強力な抗酸化作用があるとされ、ロシアでは美容の必須食材として重宝されているそう。
【小松菜】
ビタミン類、ミネラル類、カルシウムなどが豊富な非常に栄養素が高い緑黄色野菜。
粘膜や皮膚を強化するビタミンA、抗発ガン作用のあるビタミンC、細胞の老化を抑えるビタミンE、という老化を防ぐとされる3大ビタミンを多く含むのが小松菜の特徴。また、カルシウムや鉄分がたくさん摂取できるというのも大きなポイント。
【ブロッコリー】
カロテン、ビタミンB1、ビタミンCが豊富。生のブロッコリーのビタミンCはレモンの2倍と言われ、風邪の予防はもちろん、皮膚のシミやソバカスなどの色素沈着防止にも効果的。
ブロッコリー類の特徴的な栄養素であるスルフォラファンは流行りの「ファイトケミカル」と言われ、海外でとても注目されており、体内の解毒酵素や抗酸化酵素を豊富に生成し、体の抗酸化力や解毒力を高める効果があるとされる。
小松菜、ブロッコリーのもつカロテンは肌再生や粘膜再生にも期待大。
【バナナ】
日常生活で不足しがちな栄養がバランスよく含まれている総合栄養食。
健康な生活にかかせない果物。
また、美容ビタミンと呼ばれるビタミンB類が豊富。
捨ててしまいがちなスジ部分には、美容効果の高いポリフェノールが多く含まれる。
むくみを解消してくれるとされるカリウム、コレステロール値を下げ、便秘解消効果の期待がある食物繊維、心の安定やリラックス効果、歯や骨の形成を助けると言われるマグネシウムを多く含むので、ダイエット中の方はもちろん、妊娠、授乳中の方やストレスを感じやすい方にもおすすめのフルーツ。
コールドプレスジュースを愛飲されている方にはたんぱく質補給のアイテムとして必須とも言える。
【玄米】
白米よりも、ビタミン類・ミネラル類・カルシウム・食物繊維を豊富に含んでおり、人間が健康を保つために必要とされる栄養素をほとんど摂取できるため、完全栄養食と言われている。
玄米を食べることでもたらされる効果には、整腸作用、便秘改善はもちろん、美肌や美白、むくみの解消、老化防止、ダイエットなど、様々な効果が期待できる。
玄米にふくまれるタンパクはコラーゲンの元になると言われており、玄米を毎日食べることで肌のきめも細かくなり、コラーゲンが豊富につくられる身体の基盤が構築されるといわれ、代謝が良くなるので、肌で言えば肌のターンオーバー(再生)がしっかりと行われるとされる。
また、抗酸化作用で肌の劣化、老化も改善し、肌が見違えるように生き生きするとか。玄米の胚芽部分には、白米にはない多量のビタミンEが含まれる。
また、ぬかになる部分には、必須脂肪酸のリノール酸も多く含まれ、血行促進、動脈硬化予防や弱った性腺機能を高める働きがあり、若さを保つのに効果があるといわれている。
【ゴジベリー(くこのみ)】
中国で「不死の実」とも言われる万能フルーツ。
中国の漢方薬で、世界三大美女の一人である"楊貴妃"も美容のために毎日3粒食べていたという逸話も。
粘膜や肌の再生を促進するβ-カロテン、身体の回復を助ける必須アミノ酸、美肌効果のポリフェノールやビタミンC、B1、B2。また抗酸化力が高いとされる栄養素も豊富とされている。

《期待できる効果効能》
・美肌・美白・アンチエイジング・血行促進(冷え性の改善)・ホルモンバランスを整える・滋養強壮・疲労回復・ダイエット・疲れ目(眼精疲労)の緩和
【マカ】
南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物。
必須栄養素である18種のビタミンと20種のミネラル、そして8種のアミノ酸の合計46種あるとされる栄養素の大半を豊富に含み、現在大注目されているスーパーフードのひとつ。生息環境として困難な高原地帯アンデスで栽培される植物の中でも、極めて優れた栄養食品として重宝されている。

《期待できる効果効能》
・冷え性改善・体質改善・眼精疲労・美肌・生理不順・生理痛緩和・肩こり解消・疲労回復・ダイエット・女性ホルモン分泌促進
【ウィートグラス】
スプーン1杯のウィートグラスパウダーで、およそサラダボウル10杯分もの栄養素を含んでいるといわれ、地球上で最もデトックス効果があると言われているウィートグラス。
デトックス効果が高いのは、栄養素のクロロフィルが主成分だから。
ここ近年、クロロフィルはデトックス効果で注目されている。
成分の70%をクロロフィルで占めているため、他の緑黄色野菜とは比べ物にならないほどの効果が期待される。
グッドジュースおすすめの体質改善スーパーフード。

《期待できる効果効能》
・アレルギー体質改善・整腸作用・便秘改善・細胞、免疫力の活性化・血液浄化・毒素排出・美肌・アンチエイジング
【カムカム】
地球上に存在する植物の中で最も多くのビタミンCを含むといわれる赤い果実。
クエン酸、ビタミンB群、ミネラルなどを豊富に含み、病気や老化の予防美肌効果、疲労回復などの様々な効果が期待されている。
リンやカルシウム、亜鉛も含んでいるため、皮膚または肌の老化を遅らせるアンチエイジング効果や、ストレスや加齢による肌の曲がり角を感じている人にオススメといわれる。動脈硬化、脳梗塞、糖尿病の予防に有益と言われる成分ポリフェノールも豊富に含む。

《期待できる効果効能》
・美肌・美白・免疫力向上・抗ストレス・コレステロール値を下げる・疲労回復・感染症予防・改善
【チアシード】
「チアシードと水さえあればヒトは生きていける」というほど総合栄養バランスが優れている食材。チアシードにはビタミン、ミネラル類はもちろん、たんぱく質、食物繊維なども豊富に含まれ、18種のアミノ酸の殆どを含むとされています。ダイエット向きの抗肥満アミノ酸も見逃せないひとつ。

《期待できる効果効能》
・たんぱく質補給、ダイエット、整腸作用、美容効果、アンチエイジング
【梅炭】
“梅の黒焼き”という健康法から考えられた「梅炭」。特殊な釜で3度焼き上げ完全な炭化をさせ、超微粉にした梅炭の効果として、血中の毒素(主にアンモニア毒素)を吸着し、体外への排泄が期待できます。毒素の多い血液は脳へのストレスが大きく、最終的にさまざまな弊害が起こると考えられます。PM2.5やダイオキシン、重金属なども直接吸着して排泄されるとも言われています。

《期待できる効果効能》
・脳疲労回復、腸内環境改善、毒素・重金属吸着排泄
【ビタミンP(ゴジベリーやローズヒップなど)】
ビタミンに近い働きをするビタミン様物質で、ヘスペリジン、ルチン、ケルセチン等の総称。
また、ビタミンPは、フラボノイド化合物、バイオフラポノイドなどと呼ばれることもある。
これらビタミンPのうち、ヘスペリジンは、みかん由来のポリフェノールで、みかんなどの柑橘類に多く含まれますが、実の部分よりも袋やスジに多く含まれる。
毛細血管の強化、血中コレステロール値の改善効果、血流改善効果、抗アレルギー作用、発ガン抑制作用などがあるといわれる。
さらに「ビタミンP」には、ビタミンCの働きを持続させる作用があるため、ビタミンCの美白効果を高める事も期待できる今注目の成分。
【メラノイジン(味噌や醤油などの褐色成分)】
アミノ酸と糖質とが加熱反応した際におきるメイラード反応でつくられる物質。
味噌や醤油の褐色もそのひとつとされ、現在もっとも注目されているアンチエイジング成分のこと。
このメラノイジンは抗酸化栄養素としてはトップクラスと言われ、9つある必須アミノ酸もバランスよく含まれている。活性酸素の発生抑制や老化防止、抗発ガン作用、動脈硬化を予防する効果や、コレステロール値を下げ血糖値を正常に保つ働きもあり、脂質異常症や糖尿病の予防効果もあると考えられている。
腸内環境を整え、便秘の予防にも有効。
【食物繊維(野菜、くだものなど)】
野菜類・果実類・豆類、藻類などに多く含まれる、腸内環境を整えるのに役立つとされるとても大切な栄養素。
魚介類や肉類などの動物性食品にはほとんど含まれていない。
腸の活動を促進する食物繊維には、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と水に溶けやすい「水溶性食物繊維」があり、便秘気味の方は水分を吸着する不溶性食物繊維を、下痢や中性脂肪過多、コレステロールが気になる方は水溶性食物繊維を積極的に摂ると良いといわれる。
また、この二つの摂取バランスも大事だと考えられ、推奨としては不溶性2対水溶性1とされている。
食後の血糖値の上昇を緩やかにしたり、腹持ちを良くしたりと、健康的なダイエットに欠かせない栄養素。
効率的に食物繊維を摂るには、野菜の不溶性食物繊維、くだものの水溶性食物繊維が欠かせない。
【ビタミンE(玄米やごま油、豆類など)】
ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつ。
アーモンドなどのナッツ類や、植物油に豊富に含まれている。
その他には、うなぎ、たらこをはじめとした魚介類、西洋かぼちゃ、アボカドなどにも多く含まれる。抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあり、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することが期待されている。
【注意が必要なもの】
《ジュースクレンズ》
・2日以上のジュースクレンズではたんぱく質が不足しがちです。適量のたんぱく質は摂取しましょう。
・ジュースクレンズ期間中に胃酸の刺激を感じたら少量のお野菜や果物を摂取してください。
せっかくのクレンズでリラックスしてきている身体がストレスを感じていては元も子もありません。

・要注意
・アレルギーをお持ちの方は使用されている食材のご確認をお願い致します。
・妊娠中や授乳期の方は医師にご相談ください。
・身体の調子が良くない方や持病のある方はお控えいただくか医師にご相談ください。